ワンブル 口コミ

ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
MENU

犬の熱中症に気をつけよう

近年、私たち人間だと夏場になると熱中症が話題になります。
熱中症という言葉を最近聞くようになったので、新しい病気のように思われますが、
その症状はずっと以前からあるものだそうで、突然出てきたわけではありません。

 

そして見落としがちですが、この熱中症、人間だけでなく動物もかかるんです。
犬も熱中症にかかって大変なことになった、という事例もあります。
今回は犬の熱中症について、基本的なことをいっしょにお勉強していきましょう。

まず、犬の熱中症の症状は以下のようなものです。

■ 呼吸が浅く速くなる。→初期
■ ぐったりして元気がなくなる。→要注意状態
■ 目の充血、口の粘膜の変色(鮮紅色)が見られる。→要注意状態
■ 呼吸が速く、粘り気のあるよだれを流している。→すぐ病院へ
■ 体温が41℃以上になる。→すぐ病院へ
■ 痙攣や発作を起こす。→すぐ病院へ

 

こうした状況、特に病因に行くべき状況は対応が遅れると最悪死に至ります。
愛犬の体調にはくれぐれも気を配るように心がけましょう。
もしも熱中症の症状が見られた場合、涼しい場所に連れて行ったり、
水を少しずつ飲ませたりかけたりして体温を下げましょう。

 

次に、犬には夏の暑さはとても危険だということを認識しましょう
実は悲しいことに、熱中症で亡くなる犬が毎年たくさんいるそうなんです。
人間には快適な気温・湿度だとしても、犬には違うこともあります。
その違いをちゃんとわかって、暑さ対策をきちんとしておけば熱中症は防げます。

 

まず、人間は汗をかくことによって体内の温度を下げますが、
犬は人間と比較して汗腺が非常に少ないため、口でハァハァと息をすることによって、体内の温度を下げます。
そういう光景、見たことはありませんか?

 

しかし、湿度が高いと、いくらハァハァと息をしても体内の温度が下がりません。
犬の平熱は、だいたい38℃前後と人間に比べて高めですが、
この体温が41℃以上になると死亡する可能性もあるのです。
犬は体も小さいため、少ない熱量でも簡単に体温が上昇してしまいます。
ですから、暑さに関してはよく管理しなければ危険な事態を引き起こしてしまいます。

 

真夏の閉めきった室内は、想像以上に暑くなります。
自分たちが外出するからと、家の窓を全部締め切り、クーラーを切って外出すると、
家の中に残された犬には蒸し風呂となってしまいます。

 

いくら直接日光が当たらない場所だったとしても、
換気が悪かったり、カーテンを閉めないでいると熱中症になる危険性があります。
また、夏の車中は本当に危険です。
短時間だと言っても愛犬を置いて出ていくことは絶対に避けましょう。

 

 

熱中症にかかりやすい犬種があります。
北方生まれの犬種や、肥満・老齢・体調不良の犬などはかかりやすいといわれます。
また、毛が分厚い犬や、日光を吸収しやすい毛色の黒い犬なども注意が必要です。

 

犬の熱中症のほとんどは飼い主が気をつければ予防可能だと言われています。
夏場は特に、いつも頭の片隅に、熱中症を入れて管理していきましょうね。

関連ページ

賢い犬ランキング上位の犬種は?
ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
犬に与えてはいけない食べ物もある
ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
鳴き声で分かる犬の感情
ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
このページの先頭へ
キャッシング 在籍確認