ワンブル 口コミ

ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
MENU

犬に与えてはいけない食べ物もある

犬に限らず、動物は人間とは消化器官の作りが違います。
それゆえ、人間には美味しい食べ物であっても、動物には毒になる場合があります。
今回は家で飼う動物の代表格、犬に与えてはならない食べ物についてまとめてみました。

 

犬が食べてはいけない代表的な食べ物はタマネギで、場合によってはタマネギ中毒を引き起こす危険があります。
タマネギ中毒は、犬の赤血球を破壊し、中毒死を引き起こすといわれています。
症状が出るまで、1日〜数日かかる事が多いため、
毎日の食事で何を与えたのか管理していない場合、原因の特定が難しくなります。

 

可能であれば、万が一のために犬の献立もきちんと記録して残しておきましょう。
タマネギ中毒を引き起こしやすい食品は、以下のものがあります。

ねぎ
タマネギ
ニラ
にんにく

 

少量の摂取であれば心配ありませんが、
愛犬の体重1kgに対し、20g以上の接種は危険だと言われています。
もしも何か様子がおかしい場合、早めに獣医さんの診察を受けるようにしましょう。

 

また、犬はチョコレートでも中毒になり、チョコレート中毒と呼ばれます。
チョコレート中毒という名前ですが、チョコレート以外にも、

コーヒー
コーラ
紅茶
お茶

などでも発症する場合があります。
というのは、チョコレート中毒は、チョコレートに含まれる「テオブロミン」という成分によって起こる症状ですが、
コーヒーやお茶全般に含まれるカフェインは、性質が似ていて、同じような中毒症状を引き起こしてしまうのです。

 

危険量の目安は、愛犬の体重1kgに対して、50g〜100g程度のチョコレートです。
そう考えるとよっぽどでない限り大丈夫だと思うのですが、
最近の食品の中にはカフェインなどが自然に入っていることも多いので、
知らず知らずのうちに許容量を超えてしまう場合もあります。
ちょっと厳しい目にカウントして、なるべく与えないように気をつけましょう。

 

 

また、犬は野生動物だから生肉は大丈夫だと思っている人も多いですが、実はそんなこともありません。
特に豚肉や鶏肉の生肉を食べたときに、トキソプラズマ病という病気になることもあります。
健康な成犬であれば、症状が出ない事も多いですが、
子犬や体調を崩している時(免疫が落ちている時)は、注意する必要があります。

 

これらは代表的な犬が食べてはいけないものですが、
必ずしも病気につながるものではありませんし、危険な摂取量もひとつの目安です。
ですから、犬種や体格によって、また年齢・体調によって違いが生じます。
与える食事は危険をなるべく避けることが大事ですので、
上記の食品をやたらとあげないように、自分だけでなく家族にも教えてあげましょう。

関連ページ

賢い犬ランキング上位の犬種は?
ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
犬の熱中症に気をつけよう
ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
鳴き声で分かる犬の感情
ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
このページの先頭へ
キャッシング 在籍確認