犬 無駄吠え

ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
MENU

老犬の無駄吠えについて

犬の年齢の数え方はさまざまで、例えば犬の1歳を人の18歳として、
そのあとは1年ごとに4歳、あるいは4.5歳とする数え方があります。
犬の寿命は飼育する環境が改善されていることやドッグフードの品質が向上しているので寿命が長くなり、
犬の世界にも高齢化が見られます。
したがって、犬の老化は8歳くらいから始まるようです。
基本的に犬も人間も同じで、年を重ねるにしたがって身体的にも精神的にもいろいろな問題が起きてきます。

 

 

■夜鳴きは愛犬の老化現象
例えば、筋肉の衰え、体温調節機能の低下や、痴呆症などが
愛犬にも見受けられるようになります。
これらの老化現象のひとつにしばしば「夜鳴き」という無駄吠えが起きます。

 

夜鳴きをする老犬には痴呆が始まっていることがあります。
愛犬が痴呆症になるとどのようなことが起きるかと言いますと、端的には昼と夜が逆転してしまうようです。

 

そうなると単調な鳴き声を繰り返し、時には大きな鳴き声を発することがあります。
これを老犬の無駄吠えと簡単に考えるのは愛犬には可哀そうです。

 

 

■適切な老犬の夜鳴き対策が必要
まだ散歩ができるような老犬の場合は、昼間軽めのお散歩へ連れて行くと、夜には疲れて寝るでしょう。
痴呆症での夜鳴きが疑われる時には獣医さんの診察を受けて、
適切なアドバイスやお薬を利用してみましょう。

 

肝心なことは、可愛がっている老犬の無駄吠えを無視しないで、
何か病気がないか、何か愛犬に不都合なことは無いかを親身になって考えましょう。
愛犬はいつまでも若いままで生きているのではありませんから、
老犬になったら老犬介護が必要になるのです。

 

 

関連ページ

犬の無駄吠えとは?その理由は?
ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
犬が吠える理由は?(詳細版)
ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
無駄吠えが多い犬種はある?
ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
犬の気持ちを理解する
ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
このページの先頭へ
キャッシング 在籍確認