ワンブル 口コミ

ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
MENU

犬のしつけの基本は「タイミングよく!」

「三つ子の魂百まで」と人間でも言ったりしますが、
実は犬の世界でも幼いときのしつけが成犬になってからの習慣に大きく影響します。

 

ブリーダーの方とお話してみても、多くの方が「しつけ」について悩んでいるそうです。
そこで今回は、犬のしつけの基本についてプロに聞いた話をご紹介したいと思います。

 

 

プロの方がおっしゃるには、犬のしつけについての基本にして極意は、
「犬が行動した直後にほめること」
なんだそうです。
簡単そうに聞こえますが、これがなかなか深いのです。

 

逆に、叱るときも、
「犬がいけない事をした、その直後に叱る」
ことがキモなんだそうです。

 

特に、「直後」がキーワード。
犬は、過去をさかのぼって、あの時あんな事をしたでしょと言ってもわかりません。
ですから、そのタイミングを逃してしまえばほめても叱っても効果がありません。

 

また、タイミングが悪ければ、犬は、何をしてもほめられると勘違いしたり、
何をしても叱られると誤解して、全く言う事を聞かなくなってしまいます。

こうなると、しつけどころではありません。

 

しかし、行動したその直後に褒めること・叱ることををしてあげれば、
犬もどんな事をしたら褒めてもらえるのか、叱られるのかという事が理解でき、
叱られるより褒められようとするので、犬のしつけがしやすくなります。

 

 

犬のしつけでは叱る事よりも褒める事が重要です!
特に犬が良い事をしたら、その行動直後にすぐに褒めてあげるようにしましょう。
また、一回きりではどんなにいいタイミングで行っても効果はありません。
日々の積み重ねが大切で、積み重ねることで次第に理解してくれます。
トイレのしつけや、芸をひとつひとつマスターしていきます。

 

 

犬のしつけについて覚えておいてほしい点としては、
犬は学習能力に優れた動物であるということです。
それはすなわち、まちがった行動に対してまちがった対応をしたりすると、
それを勘違いして覚えて、更に その行動をしてしまうようになります。

 

ですから、飼い主も正しいこと、まちがったことの分別をしっかりとつけて、
一貫した姿勢でしつけをすることが大切になってきます。

 

気分次第で対応が大きく変わる人は人間も嫌がるように、
犬も一貫しないしつけを受けるとストレスとなり、
飼い主の言うことを聞かずに、自分なりに育ってしまうのです。

 

 

関連ページ

子犬のうちからしつけるのが良い
ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
このページの先頭へ
キャッシング 在籍確認