ワンブル 口コミ

ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
MENU

子犬のうちからしつけるのが良い

犬を飼う場合、既に大きくなった犬を連れてきて飼うよりも、
子犬のうちから飼った方が育てやすいです。
というのは、しつけの効果がてきめんに表れるからです。
大きくなってからだと、野生の習性が強くてなかなか適応してくれません。

 

犬を家で飼うことが決まり、家族の一員になったならその時から、
人間社会の中で生活するための訓練がはじまります。

 

子犬は可愛いので、ついつい甘やかしてしまいがちですが、
子犬の性格は、6ヵ月までに決まるといわれる大事な時期、しっかり教育しましょう。
この時期に放任すると、自然のまま、本能のままに行動するようになってしまいます。

 

すると当然、犬は元来吠える動物ですので、
無駄吠えも、当たり前のようにするようになってしまい、後で苦労します。
ですから、基本的なしつけは、生後4ヶ月頃から始めるのがベターです。
成犬になるにつれ、自我が発達し、新しいことを教えることが難しくなります。

 

室内で飼うのであれば、やはりトイレのしつけは、早く始めたいところ。
無駄吠えのしつけも一日でも早く始めるのが良いでしょう。

 

最初は犬が反応するのが面白くてあれこれやってしまいがちですが、
興奮させたり、吠え癖をつけさせたり、じゃれつかせたり、噛み癖をつけさせてしまうようなことは、控えましょう。
時にはワンブルのように、しつけを補助する機械を使うのも有効です。

 

特に子供はついつい上記を面白がって行ってしまいます。
ですから、犬への接し方を予め教えておくことも必要です。
仲良くほほえましく見えますが、長い目で見れば子犬にも子どもにもよくありません。

 

 

また、子犬のうちから、家族以外の人とも触れさせ、人間に慣れさせましょう。
人に吠えたりする原因のひとつに、社会性が育っていないことがあります。
これは、子犬の頃にいじめられたり、他人に会う機会が少なかった、
という場合に起こりやすいです。

 

ですから、それもしつけだと思って、自分の子どもを育てるように、多くの経験をさせてあげましょう。
そうすることで、物怖じや人見知りをしない性格、賢いふるまいの犬に育てます。

 

 

ただし、子犬は、とても感受性が強いので、注意が必要です。
しつけの際に、震えるほど怖がっていたら、すぐに抱きかかえて安心させましょう。
犬は吠えるくらいに警戒心が強い、敏感な動物でもあります。
幼少の恐怖はトラウマになりかねないので、無理はさせないよう注意しましょう。

 

 

関連ページ

犬のしつけの基本は「タイミングよく!」
ワンブルの口コミと実際に愛犬に使ってみた効果をお伝えします。
このページの先頭へ
キャッシング 在籍確認